20 出会いと別れの繰り返しの人生

桜の花が2分咲きくらいになり、春のやわらかい風が吹き始めた今日この頃、学生から社会人になる人、転職をする人、大切な方との別れを経験する人も…色んな場面がきっとあるだろう。新しく始まる何かに期待が高まると同時に、別れの寂しさもつのる時期、そして、なぜだか、ふと昔の誰かを思い出したり…春とはそんな季節感があるような気がします。

始まりがあれば、終わりがあるように、人には、出会いがあれば、別れもある。そのどちらも経験します。友人や、お世話になった人、好きな人も…。どんなに大好きな人だって、ずっと一緒にはいられないことだってあるだろう。好きでもどうにもならないことや、伝えきれない思いのまま、離れて行くこともあるだろう。

どんなに時が胸の痛みを癒したとしても、心の奥に忘れない人、というのはいるもの。その頃聞いた曲を、ふと聞いたりすると、今でも当時の感情が蘇ってきたりして…、「あんなこともあったな、、」「元気にしているだろうか、、」と、心の中で手紙を書くように、淡くせつなく思い出され、深く心の中に残っている人というのはいたりします。

そして桜は満開が近づき、花びらが風に揺れ、瑞々しく緑が芽吹いている。今日も電車が走り、降りる人がいて、乗る人がいるように、私たちは、出会いと別れの繰り返しで生きている。日々繰り返される日常が窓から見え、そして電車は前に進んで行く。色んなことが移り変わり、人も交差して行く…。別れもあり、そして手にした思いを胸に、新しい場所へまた進んで行くのだろう。決していいことばかりではない毎日、けどきっと、またいいことがあるはず。心の中にいる大切な誰かを思い、また会える日があるはずなのだから。

Follow me!