29 今、死にたいと思っているあなたがいるならば

今これを見てくださった方は、本当に死にたいと、苦しんでいる、悩んでいる、あなたかもしれない。「死にたい」「消えてしまいたい」、そう思ったことがある人は、少なくはなく、誰もが一度はあるようなことだとも。人が、なぜ死にたいと思うことがあるのか?一時的な挫折や、落ち込みなんかではない。様々な苦しみが長く、重く積み重なり、希望を見失った時、大きな絶望感を感じた時に、この先の人生に対して、生きて行く意味を見い出せないから、死んでしまいたいと思う。

よく人は、「死んではならない」「家族や友人を残して死ぬなんてあり得ない」と言う。でも、そんなことは、当の本人は十分に分かっていることであり、それでも苦しいから、死んでしまいたいと思うのである。だから、私は、「死んではならない」ではなく、本当に苦しいなら、そんな気持ちが分かると言いたい。もっと言えば、死にたいのではない、死にたいほど辛く、生きたい気持ちと、死にたい気持ちで、揺れ動いている状態とも言える。人は本来、生きたくって、生きている。

その上で、私の経験したことを書きたいと思います。

セクシャリティで悩んでいた私は、一番初めに漠然と、死にたいと思ったのは、思春期の頃だった。大人になり、重度の産後ウツを経験し、何度も希死念慮に襲われた時期もあった。そして、この1年の間で、恋をし、自分の性を受け入れることはできたものの、結果的には、進展を望んではならない、辛い結果に終わってしまった。それは、過去から経験して来た辛い失恋に、とどめを刺すように、身心に大きすぎるショックを与えた。そんな中、唯一気持ちを繋ぎとめていた、取り組んで来たことも、何もかもがうまくはいかないと感じ…。

自分の中で、張り詰めていた何かが、プツンと切れたように、絶望を感じた。恋愛の希望を失い、この先やはり私には、もう恋愛などすることはできず、ずっと満たされないものと、寂しさと孤独を抱えて生きていかなければならないのか…、これがLGBTの当事者の現実…、こんな人生ならばこの先、生きていたくなんてない、死んでしまったっていい、その時はそう思ってしかたがなかった。ウツ症状や疲れもあったせいか、心はボロボロに疲れ果て、無力感、虚無感、絶望感…、死んでしまおう、何かとっさにそう思えた。

もうろうとしながら、死に関すること、死に方を調べた。ロープがある、ドアノブにかけて、首を吊って死ぬことができるのだと。本当に死んでしまってもいい、そう気持ちが突き動かさせてしまった。ドアノブにロープを引っ掛け、輪っかに首を入れた。体重をかけていけば、このまま死んでしまえる…。力を入れて絞め上げて行く、頭に血がのぼるような感覚になり、とたんに、痛苦しくなり、死ぬ恐怖に襲われ、手を離してしまった。そして私は、辛かったこと、色んなことを思い、涙が、たくさん、たくさんあふれた。…死にたくとも、死ねないのだと。

死にたいという気持ちと、生きたいという気持ちの狭間で揺れていた。そして、自殺に関することを発信している、情報の中で、「元自殺志願者あれんの本音」というYou Tubeチャンネルを見つけた。自殺未遂をした本人が、凄まじい体験を語っていた。一見ダークなチャンネルに思えるかもしれない、しかし、そこには、本当に死に至るほどの体験をした人だからこその「生きる」ことへのメッセージが語られていた。

「死ねないのは、少しでも生きる希望があるから。」「死ねないのは、まだ生きたいから。」「誰もが死ぬボタン装置を持っている。押してしまうか、押さないでいるかだけだ。」「逆に考えれば、いつだって死のうと思えば、死んでしまえる、そう考えたっていい。」「死ねないんだったら、本当に死のうと思うまで、生きろ」と語っていた。これは本当に死のうと思って自らに手をかけ、生死をさまよった人にしか分からない、凄まじいメッセージであった。

私も同じであった。自らに手をかけようとして、死ぬことに、極限まで向き合ったことにより、まだ希望があるはずであることや、自分にあること、これからできることを思い知らされたのであった。

翌朝、私は、隣で寝ている、まだ幼い娘の寝顔を見た。娘を置いて、まだ死ぬことなどできないと、涙が溢れた。そして、休日であったその日、とにかく家にいてはまずいと思い、娘と外に出て過ごした。そして、こんなことがあったということを、人に話をして、死にたかったのだということを打ち明けた、なんとか持ちこたえることができたのであった…。

もし死にたくなったら、1日でも半日でもいい、死ぬことを先延ばしにして、生き伸びてみることをして欲しい。外に出て、空を見て、空気を吸って、生きることをしてみて欲しい。ただそこにいるだけでいい。疲れた体や頭を少し癒してみて欲しい。そして、話す気力が出て来るようなら、誰かに、死にたいという気持ちを話して欲しい、少しでも楽になれるから。死ぬな、頑張れなど言わない、ただ、生きることをしてみて欲しい。

Follow me!